風邪は、1.首筋や肩甲間部の冷え、2.咽喉の乾燥、3.口から胃腸へ、の三カ所から侵入してくると考えています。首筋や肩甲間部が冷えると、鼻づまり、くしゃみ、肩こり、頭痛などの症状が起こります。

ゾクゾクする風邪のひき始めには葛湯に生姜とシナモンとはちみつ。
風邪だけでなく頭痛、肩こりにもよく効きます。
生姜には発汗、消炎、健胃作用、保温作用があり昔から養生には欠かせない食材です。

■のどの痛みに

梨のすりおろしにお湯を注いで梨のホットジュース。
のどの乾燥、痛み、声枯れによく効きます。
梨の他にも柿も喉に良いです。

■熱のある時に

大根おろしにお湯を注いでミントを入れる。
余分な熱を冷ましてくれます。

無理が続いたり体力が落ちていると風邪にやられやすくなります。ふだんから免疫力をアップさせることが風邪の予防となります。
生姜やクコの実、カブ、かぼちゃなど体を温め滋養をつける食材がおすすめです。

img_bayside.jpgベイサイドクリニック
八巻 百合子(医師)