耳そうじや鼻水を吸ったりすると、小さな子どもはとても嫌がりますよね。そんな耳鼻咽喉科の受診のコツ教えます。

受診の心得

子どもには安心感を与えることが一番。
子どもは一度嫌いになると受診を嫌がり、病院に行きたがらなくなります。
ある程度納得させて、治療にのぞむことが大切!

ポイント1
大切なことは恐怖心を取り除いて、リラックスした状態で受診できるようにすること。
お気に入りのおもちゃやぬいぐるみなどを持参すると、子どもの気持ちがやわらいだり、安心感をもって受診にのぞめるでしょう。

ポイント2
どうしても嫌がってしまう子に対しては、心を鬼にしてしっかりと抑えることも大事です。
これは、パパの方が向いているかもしれませんね。パパが子どもを諭すと観念して言うことを聞く子も多いです。

img_seki.jpg取材協力
せき耳鼻咽喉科
関 彰彦(医師)

取材ウォッチング
医院内は子どもが好きそうなキャラクターグッズがたくさん。「こどもに一度嫌われたらおしまいです。診察に応じてくれなくなってしまいます。」とおっしゃる関先生の医院トレードマークは、ぶたさんです!