入れ歯を支えている歯は、今どんな状態ですか?しっかりと磨けていますか?
痛みませんか?グラグラしていませんか?
「もう入れ歯だから・・」「歯槽膿漏だから・・」とあきらめていませんか?

「多くの方は、症状がかなり出てから受診されるため、歯を抜く以外に治療法がないという場合も少なくありません。
早めに歯科医院での正しい処置をすることで、痛みやぐらつきを改善できることもありますので、ぜひ予防歯科を始めることをおすすめします」と先生。

予防歯科とは、虫歯や歯周炎などのお口の中のトラブルを事前に防ぐためのもので、日ごろ自分では磨ききれない部分や歯石をていねいにクリーニングしていきます。
これを定期的に行うことにより、歯周炎や虫歯を防ぐことができるのです。
これは入れ歯でない人にもあてはまります。

矢崎歯科医院では、口腔内カメラを使って、実際にお口の中を患者さんに見せながら、磨きにくい場所を指導してくれます。
また、治療の内容について、わかりやすい資料を使って説明してもらえます。
なぜ、口の中のトラブルが起こるかを理解して、なるべく歯を抜かないで早期に治療をしましょう。
そして、自分の歯でしっかり噛んで、楽しい食生活を送りましょう。

img_yazaki.jpg取材協力
矢崎歯科医院
矢崎久雄 先生(歯科医師)